半田付けしてます

よくわからないまま半田付けしてます

10年モノのバッテリーが終了しましたw

はい、クルマを買ったのが2007年で、それに付いてた鉛バッテリーが一度も交換せず
ここまで持った模様です。

いやあ、バッテリーも10年も経ちますと、その発生電力たるや
まったりとしてしつこくない。


んなこたあないんですけどねw

今年はじめの頃に数回乗って、あとはずっとスクーターとかで用が足りてて動かさず。
一応、ソーラーバッテリーを繋げてたんで大丈夫かなと思ってたんですが
ちょっと今回は単なるサルフェーションとは違うようです。

連休中スクーターをいじってて、ちょっと買い物に出たくてクルマを動かそうとしましたら
キュウキュウ・・・としか言わなくなってましたw

ああ、上がっちゃった・・・。というわけで、電圧測定。
5.7V wwww
デサルフェーターはついてても充電されなければアウトですw

さあ、通常なら、交換ですが、往生際が悪いです。

充電してみる。


車載したままですが、ケーブルをつなげまして、充電してみました。
デサルフェーターが付いてれば、サルフェーションは消えるはずです。
都合4日くらいやってましたかね。
でも、いくら充電しても10.0Vに落ちてしまいます。
ああ、本格的にダメっぽいです。

バッテリー液の比重を見てみる


バッテリーのフタ外して、比重測定してみます。
5槽は大丈夫だったんですが、残りの1槽のバッテリー液でフロートが浮かんできませんw
バッテリー01

バッテリー02
これはまだ大丈夫

バッテリー03
これですね。オダブツです。

振ってみるww


なんでも、細かく粉砕した鉛の粉が内部ショートを引き起こしてることもあるらしいとのこと。
ならばと。
フタを閉めて、15キロくらいある80D23Lバッテリーをガコガコ揺すってみます。
そして、充電してみますと・・。おお!なんと15Vくらいまで電圧が上昇しました。
これがウワサに聞く堆積物による内部ショートって奴なのかー・・・。
クルマから下ろすと、なんだか、バッテリー液が濁ったんですよね。
粉状になった鉛が舞って、泥水みたいになってます。

まあ、10年も使えばいいでしょうw
普通は2~3年てところでしょうから・・・。
バッテリー液を他に移して、中を洗浄して、鉛の粉を出してしまえば理屈ではまだ使えそうですけど
どっか痩せて破損したらアウトですからねぇ。
いい加減、新しい奴をポチっておきました。

というか、まだこのクルマ使うのかw
いや、動かせなくなるとレッカーとか結局金かかるので、これは必要経費です。

というわけで、デサルフェーターを使っても、内部ショートは回避できないという事がわかりました。






スポンサーサイト
  1. 2016/05/03(火) 19:30:22|
  2. クルマ関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレマシー 暗電流 バッテリー上がり計算

はい、というわけで、6輪生活ですと、どちらかが疎かになります。
すると、ヤバくなるのがバッテリーであります。
どっちのバッテリーかというと、はい。私の場合はクルマですw

本日1ヶ月ぶりに動かしたんですが、以下のような感じでしたw

システム電圧 11.84V(ドア閉め ルームランプOFF キー差しての全OFFの状態)
暗電流 だいたい20mA(バッテリー端子を外して、そこにテスター割り込み)

暗電流03
ここのボルトなんか長くて電ドラのビットが入らないんですよね。短いのにしようかな・・

暗電流02

暗電流01

相当弱ってますねー。でもですね。
実はバッテリー保全用に小さい太陽電池をダッシュボードに置いてますが、以下の様な感じです。

仕様 40mA
うす曇のダッシュボードに寝かせた時 8mA(ナナメにして太陽に向けると12mAまで増加)

今までマジメに計測したことなかったんですが、ああ、全然足りないですねw

1時間ほど走行後に電圧を計測しますと、12.7Vになりました。

停車中の電気の収支



以上からまとめますと

8mA(ソーラー生産電流) - 20mA(暗電流) = -12mA

ということになります。
これが1ヶ月ですから

24 * 30 * 12 / 1000 = 8.64Ah

で、実はこれだけではなく、バッテリーは自己放電という現象がありまして、放って置くと
勝手に電気が減ってしまう困った現象がありますw
これが、全蓄電量の3~10%/月(wikiペディアより)減るらしいですw

実はプレマシーのバッテリー、中古で買ってから一回も交換してませんw
相当ヤれてのではないかと思い、ワーストケース10%でやりましょう。
んで、プレマシーのバッテリーですが40Ahのものらしいです。
となると、自己放電分は

40 * 0.1 = 4Ah/月

ということなりまして、先ほどの暗電流分と合わせますと

8.64Ah + 4Ah = 12.64Ah

ざっと3割はバッテリー能力は低下するわけですねぇ。新品ならw
ましてや、いつのバッテリーだか不明なのでまあ、半分くらいなくなってても不思議じゃないですねw

実際本日一発目のクランキングは、ちょっと重たかったですよw
お昼より後で、気温は20度くらいになってましたから、条件としてはまだマシでしたね。

さて、こんな運用状況ですから、バッテリー保全の改善が望まれますw
小さいソーラー発電器は相当前から使ってるんですが、計算結果から能力不足が露呈しましたので
もっとデカいのを考えましょう。

で、検索しました。

で、出てきたのが
ALLPOWERS カーソーラーチャージャー 18V 5W ソーラーパネル 自動車/オートバイ/トラクター/ボート用ソーラーバッテリー 2,899円
新しいの


ポチりました。
他にいろいろあったんですが、まあこんなんでいいだろうと。
今使ってる小さいのも発見したんですが、5000円もしてましたねw
てか、まだ作ってたのかとw

aliexpressの方も見たんですが、amazonと変わらないのでamazonに決定。
aliexpressのアドバンテージも消えつつありますねぇ・・。

あ、ただ、これのかどうか忘れましたが、説明文で面白いのありましたね。
この充電器をつけたままエンジンかけるとぶっ壊れるからヨロピクね♪
とかいうのがありましたねw 逆電圧かけると太陽電池って壊れるのかw
恐るべし中華w 簡単な対策としてはダイオード入れればOKですけど、分からない人は壊すんでしょうねぇw
まあ、モノが入り次第、ご報告しますw


自己放電の暗電流への換算



読み返してましたら、上記のようなものがあると補充電装置の選定の時に便利かなあと思い。
要するに、バッテリーが何もつなげなくても暗電流としてどのくらい放電しているかという計算です。

自分のプレマシーの場合は
40 * 0.1 = 4Ah/月

となりますので、

4 / (24 * 30) *1000 = 5.56mA

公式にまとめますと

バッテリー時間容量 * 自己放電率 / (24 * 30)  * 1000mA

で、暗電流換算の自己放電量がわかりますね。
自己放電率は性能の低いバッテリーなら0.1、高いのなら0.03でしょうか。
まんなかあたりで0.05くらいでいいんじゃないでしょうか。
結果の電流はデカいバッテリーなら大きく、小さいバッテリーなら小さくなります。

となると、補充電で付けるべき充電器の能力もこれに順ずるということなります。





  1. 2015/11/08(日) 02:21:45|
  2. クルマ関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレマシー CP8W ウォシャーポンプ 修理

はい、というわけで、車検前に、これがプレマシーのウォッシャーポンプが動かなくなりました。

ウォッシャーポンプが壊れたままだと、車検通りません。
ウォッシャーポンプ自体、滅多に壊れないものらしいですが、まあ、年式も年式なんで。
あと、この情報が役に立つ機会もないんでしょうかねぇ。

さて、ウォッシャーポンプはどこにあるかというと、右前のバンパーの内側あたりです。
エンジンルームからはアクセスできません。
正しくは、バンパーを外さないといけませんが、周りのプラスチックのカバーのビスを外すと
アクセスできます。
バンパー外すのは大変みたいです。

ウォッシャーポンプ02
前タイヤハウスの内側前のあたりをめくるとコネクターにアクセスできます。

ウォッシャーポンプ01
で、バンパーの下側です。ここらのビスを外します。

ウォッシャーポンプ03
で、外すと、下から白いウォッシャータンクが見えまして、黒いポンプがひっついてます。
ポンプは、パッキンと、嵌め合いだけでくっついてますので、コネクターを外して
引っ張れば取れます。液が入ってますとダバーっと出てきますので注意ですw

ウォッシャーポンプ04
で、外したポンプを分解します。コネクターのとこがフタになってまして
プライヤーでひっつかんで引っ張ると取れました。
で、中身は浸水したらしく、錆さびです。
錆でローターが張り付いてました。とりあえず、錆をペーパーで取ってきれいにします。

で、こうなると、直してもすぐ壊れるらしいので、交換したいのですが
ヤフオク見ても、単体で出てないんですねぇ。
中古だと、同様に壊れてる可能性も高いので。

Dラーでもいいんですが、ありましたよ。aliexpress
アリババの出店みたいです。まだ使ったことないんですが、そのうち、頼んでみようと思います。
おそらく、各社共通パーツらしく、車種別に同じ品っぽいものが並んでます。

ウォッシャーポンプ05
でも、今回は間に合わなさそうなので、錆をとって
シャフトにシリコングリスを塗って、シーリングとして水の浸入を止めてみます。

ウォッシャーポンプ06
ブラシのとこの組み立てがちょっとコツがいりますが、何度か組み立て直して
フツーに動くようになりました。

あとは、元通りに組んで無事車検は通りました。



  1. 2015/09/16(水) 14:26:49|
  2. クルマ関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイパー ビビリ解消法

はい、というわけで、秋の気配とともに、雨も降ったりします。

そういや、ワイパーを動かすとブブブバリバリ音がしますw

なんかワイパーブレードが古くなって拭きムラが出たので
コーナンのPBブランドの奴に交換してからですねぇw
コーナンのが悪いわけじゃないんですが・・・。

で、ワイパー ビビりとかで検索しますと、ああ、ありますね。
なにやら、ワイパーアームをペンチかなんかでひっつかんで、角度を調整するとあります。
ほうほう。

で、やってみたんですが、もう、ワイパーアームが壊れるくらいヒネっても
あんまり角度が変わらず、もちろん、ビビりもなくなるどころか、激しくなってきましたww

どうもやり方が違うと思われ・・・。

ワイパーブレードの方を曲げるのはどーなの?

ワイパーブレードの方を見ると薄い鉄板かなんかで構成されており
こっちを曲げる方が簡単かと。

んで、ワイパーブレードのフレームというんですか、なんていうか分からないんですが
アームに取り付けた状態でプライヤーで掴んでグニョっと曲げると・・・おお。簡単に曲がりますね。

んで、動かします。

おおおお、静かになりました!!

あと、数回曲げたりした結果静かなワイパーになりました。
思うにワイパーアームはワイパーブレードの方で吸収できない時の最終手段かと思われます。

自分のページも含めてなんですが、鵜呑みは良くないですね。

基本、角度がガラス面に対して正立してないからビビりが発生するだけなのに

やれ、特殊潤滑剤だ、特殊ゴムだとか変なグッズも多すぎ。
あと、知恵袋系のページも油膜だ撥水だとか的外れw
それで直る時は基本軽微なものという事で。

高いブレードだと、ビビりにくい構造とかになってるのかもしれませんが
長さだけあってるような汎用ブレード

曲げてから使え。

という感じでしょうかw







  1. 2015/08/23(日) 22:00:40|
  2. クルマ関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0