半田付けしてます

よくわからないまま半田付けしてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DCDCコンバータ HRD05003 と コーナン電動ドライバー

はい。というわけで、船外機の舵を切らないといけませんので
その駆動モーターをコーナン電動ドライバーでやりましょう。

このドライバーは乾電池の6Vで動かしますが
システム電圧は12Vなので、DCDCユニットの新電元のHRD05003を使い6Vにしてから
ドライブです。

んで、実際にそうした時のデータどりのテストです。

舵モーター01

なにやらHRD05003は配線が多いですね。
空中配線はちょっと緊張します。

なぜか、ショートしないといけなピンもあり。なんかあるんでしょうけどよくわかりません。
取説通りに配線してみます。

舵モーター02


んで、出力線を解放して電圧を測ろうとしましたら、0Vです。
おやー?と思い、豆電球を繋げましたら、光りました。
このDCDCは、出力側に負荷がかからないと出力しないです。
なかなか賢いです。

では、モーターを。
おお。フツーに回ります。
HRD05003は3Aまで取れるようなので、まあ大丈夫でしょうかね。

で、この条件で無負荷の場合の回転数が知りたかったのです。

適当計測しましたら、大体3~4rpsくらいです。

思ったより速いですね。

船外機の向きを変える負荷がどんなもんかはよくわかりませんが
まあ、大体イケるんじゃないでんしょうか。

んで、あとはプーリーを作らないと。
トランサムと平行にヒモを渡しておいて、これを巻き付けて
船外機の向きを変えようというわけです。

で、こういうのは、既製品なんかないんで自作しないといけないんですが
旋盤があれば、POMかなんかをツルツルーっと削り出しであっという間なんですがねぇ・・・w
旋盤ほすぃw

電気は簡単なんですが、機械ものが手間かかります。


スポンサーサイト
  1. 2015/10/05(月) 14:21:23|
  2. ボートホバリング装置
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LCoVで、既存の部品の編集 | ホーム | RS485 と 複数UART とAVR>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://handa40rou.blog123.fc2.com/tb.php/338-bcebfdce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。