半田付けしてます

よくわからないまま半田付けしてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中華LEDヘッドライト アドレスV100 調整01

はい、というわけで、半年くらいたって、まだ壊れてないんですが、中華にしては珍しくw

で、配光がですね、なんか二つに分かれるんですねw
3面発光の2面が二つになってるわけですが、まっすぐ前が暗くなってます。
まあ、原チャリなので細かいこと気にすんなってとこですが、ちょっと見てみました。

ライトユニットをカウルから外しまして単品にして12Vを供給してみます。
んで、中華LEDが金口のなかで、前後して動きますので、動かしてみますと・・・



LEDユニットを金口の中で前後させ時に、壁に光をあててみた動画です。
ね、こうなるわけです。

なんだこれはと、ノーマルのPH7のバルブと取り付け状態を比較してみました。

バルブ比較1
純正バルブの位置

バルブ比較2
中華LEDの位置

あー、なんか、6ミリくらい後ろになってますねー。
LEDユニット自体のフィラメントと金口の寸法はPH7と大体同じです。
要は、純正は バルブ、スプリング で前に行くのに対して
中華LEDは、 スプリング、LEDユニット で後ろになってしまうわけです。

したら、金具を切って位置をずらしましょう。
PH7用の取り付け金具は、ペラペラのスチルなので金きりバサミで切れます。
チョキチョキしてビス穴を前の方に拡張して取り付けたところです。

LED取り付け金具修正

これで、確認した結果、一応、一個の像にまとまりました。
さあ、これで気になってた、眩惑現象は収まりましたでしょうか・・・。
ライトユニットを点灯させて、上からみてますと、なんかすごい眩しいです。

うーむ、直ってないですねw

車検があるバイクなどでは、光軸でハネられてしまいますねー。
でも、眩しいのは迷惑ですので、この際、徹底的に対策してみたいと思います。

02に続く・・・・






スポンサーサイト
  1. 2016/01/04(月) 14:19:06|
  2. バイク関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中華LEDヘッドライト アドレスV100 調整02 | ホーム | マイナンバープログラムにブログラムミス データ未移行なのに正常「終了」と認識 機構は原因開示を拒否>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://handa40rou.blog123.fc2.com/tb.php/351-06ff4004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。