半田付けしてます

よくわからないまま半田付けしてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

100円キーホルダーLEDライト 単4電池化

はい、というわけで、バイクが置いてある所が夜真っ暗なんですw

なので、キーホルダーLEDがすこぶる便利なのです。
あと、ガソリンを給油する時に、中を照らしながらやるとこぼさないで済むのでまたしても便利なのです。

で、このライトボタン電池のLR44が4個入ってます。
常時点灯とか、長時間つけっぱなしにはしないので、1年くらいもったりします。
で、電池がなくなると、LR44をやはり100均で買おうとすると、おや、2個入りで100円とかしますw
つまり電池交換するのに200円かけないといけないわけです。
新品の時についてるLR44はいったいいくらなのかとw

ネットで見てみると出自不明な激安LR44がうようよでてきますねぇw
でも、高々LEDを光らせるのにボタン電池をいくつも使うのはどうかと思い。

ここは入手性がよく遥かに安い単4の電池を使えるようにしたらいいんではと。

で、この手の改造、みなさんやっており、ま、詳細はそちらに譲りますが
こちらのポイントは

・防水
・単4


というところであります。

防水仕様ってあまり見ないですが、バイクのキーホルダーにすると、雨中でびしょびしょになるんですね。
それで、買ってきたそのままだと、水が入って電池とLEDがあっという間にダメになります。

まあ、高々100円なので、使い捨てでもいいわけですが、まだ使えるものを捨てるのは忍びないといわけですw

というわけではい、いきなり完成ですw

LEDキー

単4電池を入れるので、胴の部分を延長してます。
まず、元の胴をパイプカッターで半分に切断します。
延長部分ですがプラでもなんでもいいんですが、今回は0.3mm厚のアルミ板を丸めて作りました。
これらをスーパーXで接着します。隙間があいてるように見えますが、スーパーXが充填されてますので
気密は保たれています。

で、ここで問題なのは、スーパーXで接着するとお尻のスイッチまで導通がとれないのです。
頭のライト部のインバーターから線を延ばして、半田づけすればいいんですが
問題としては、相手がアルミなんですね。これだとフツーの半田は乗らないんです。
じゃあ、アルミットとかですかねぇ。気にはなってるんですが、買ってないです。
あと、アルミの利点でもあり厄介な点としてすぐ酸化皮膜ができてしまうことですね。
導通させたい箇所をリューターの砥石で削ってもすぐ接触が悪くなるんです。

じゃあ、どうすればいいか。
こうしました。
ライト3
銅の0.3mmの板を5mm*40mmで切り出して、内側にピッタリはまるように丸めて、写真の位置に入れます。
そして、インバータからの配線を半田づけします。でもこれだと、いずれアルミが錆びますので空気遮断のために
シリコンスプレーを吹いてみました。

で、防水ですが、どこらへんを防水するかというと
お尻のスイッチの部分ですね。

ライト4

ここにやはりスーパーXを流し込むような感じでシーリングします。
これで、多分水の浸入は防止できると思いますが、作ってから雨が降ってないので実証はできてません。
雨天走行しましたら、追記します。

あとは、まあ、みなさんも作ってる、1.5V→3Vにするインバータ回路ですね。
うちのはこんなです。インダクタは緑色の抵抗器みたいな奴を使ってます。空中配線する時は
リードフォームが何かと便利です。
石は秋月のLEDドライバを使ってます。SMDの方が小さくできそうですねぇ。

LEDキー2

というわけで、前も一個作ったんですが、接触が悪くて点灯しなかったので、なし崩しに
100円のを買って使ってたのですが、ちゃんと作ってみようと思いw
さあ、今度は長持ちするかなあ・・・。



スポンサーサイト
  1. 2017/09/22(金) 01:42:55|
  2. 電子工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 中華DC-CDIを眺める>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://handa40rou.blog123.fc2.com/tb.php/387-03512538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。